3月の引越し業者の費用の相場

引越しはそれぞれの状況が大きくことなります。

都内なのか、東京と地方間なのかという距離の問題、そして単身者なのかそれとも家族なのかという荷物の問題などです。

これらによって引越し代は大きく変わることになりますが、この基本的な状況の他にもとても大切なことがあります。それが「いつ引っ越すのか?」ということです。3月は前の記事でも書きましたが

消費税増税による引越しの影響

一年中で段違いの引越し件数があります。それはそうですよね、3月に卒業、4月に入学と入社というのが日本の昔からの慣習ですから、この時期、新卒者や新入学者が春からの新しい暮らしのために大移動を行う季節なのですから。

このような言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「引越し相場」とか「料金相場」

というものを。

この言葉が示す通りに、ほとんどの引越し会社の価格というものは変動する相場のようなものと言われています。

tokyo00 (3)

一年中、満遍なく引越しがあれば、きっと安定的な料金設定となるでしょうか、上で書いた通り、日本の場合には慣習的にどうしても3月と4月に引越しが集中してしまうのですね。そうなると業者の方も通常時の体制(人員や輸送トラック)のままではこの時期に殺到する仕事を捌き切ることができませんので、臨時にアルバイトを募集したりトラックを確保したりします。そのコストが上乗せされるので価格が上がる、、、というのが一応の説明となりますが。。

ただ、もう少し穿った見方をするならば「一年中の稼ぎはこの3月にあり!」的な営業方針が業界の常識となっているのかもしれません。つまり稼ぎ時!

他の業界ならバーゲンセールで価格を下げてってこともあるのでしょうが、引越し業界はその逆なのですね。価格を上げて利益を上げるのです。3月の引越しでは「高いからまた今度にします」って人は少ないでしょうからね。ほとんど人が否応なしに新しい土地へ行かなければならない事情があるわけです。

ですので、3月の春は引越しは不利と覚えておきましょう。価格的に高いことに加えて、この時期に大量に募集されるアルバイトが作業に当たるわけですから、当然仕事の質も低下することは避けられないでしょう。

高いわサービスの質が悪いわ・・・ある意味、踏んだり蹴ったりの時期と言っても良いかもしれません。

とはいえ、申し込みが殺到するこの時期にどうしても引越しをしなければならない人が多いのですから、業者を確保することすら大変なわけです。特に2014年の3月は来月に消費税増税が待ち構えているので、さらに殺到していますから、予定日にやってくれる業者を見つけることすら困難な状況になっているかもしれません。

通常は安い業者を探すことに威力を発揮する見積もり一括サービスですが、3月には「どこか空いている業者はないか?」という探し方にも大いに力を発揮してくれます。まだ業者が見つかっていない人は、ぜひ見積もり一括サービスを使って予定日に空いている業者を探してみましょう。

コメントは受け付けていません。