消費税増税による引越しへの影響は?混雑具合や料金はどうなる?

ご存知のように消費税が現増税されます。いろいろな商品に駆け込み需要が起こっていますが、引越しも例外ではないようです。

消費税が上がる前に、つまり3月中に引越しをしてしまいたい、ということから引越し業者に依頼が殺到しているのだとか。

ただでさえ3月は引越しのピークの時期です。4月からの新生活に向けて就職や進学、転勤などが集中してしまう時期ですからね。それで、もうさばき切れないくらいの仕事が業者には殺到しているのだとか。人口が集中する東京ではなおさらでしょう。

tokyo00 (4)

でも、これ、どうなんでしょうか?

引越し料金などを調べた方ならご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが、引越しって「相場」って言われますよね。つまりピークの時期に値上げするものなのです。いわゆる稼ぎどきなんですよね。通常の季節とは違ってどんなことがあっても大学に入学したり、あるいは就職をしたりしてこの時期に引越しをしなければいけないじゃないですか?

ということは、引越し業者は待ってました!とばかりに値段を上げるはずですよね。

たとえば例年であれば、3月や4月上旬の引っ越し代というのは、通常時のそれに比べて20%から30%くらいは値段が高いんじゃないか?と言われています。料金は業者が決めるものですからね。

消費税が引き上げられる前に、どうしても引越しをしたい、というお客さんの足元を見て、例年よりも値上げしている?って可能性が極めて高いのではないのかな~と思うのですが、、、どうでしょうかね~。

新生活のためにどうしても、、という人は仕方ありませんが、たんに東京都内で新しいマンションに引っ越したいなどという人はこの3月は見送るのが良いんじゃないかと思います。たしかに4月になると料金にこれまでより3%多い消費税が掛かりますが、でもそもそもの業者の価格はそんな程度では収まらないほどの上下幅があるんです。

たぶん、、、暇な時期に値引きしてもらった方が消費税増税なんて問題じゃないほどのお得な料金になるような気がします。。

コメントは受け付けていません。